知らなかったから損をした!ハイイールドの基本とその危険性について【ジャンク債】

この記事は


  • ソーシャルレンディングや投資にて稀に出てくる「ハイイードル」って言葉の意味は何だろう?
  • 投資家にとってどういった特徴やメリット・デメリットがあるのか?
  • ネット上で「ハイイールドに投資したら損をした」という書き込みが多いけど、投資しないほうがいい?

という人の為に、実際の事例をもとに解説しているページです。

ハイイードルという名称の株や投資は例外なく高金利ですが、その陰には「デフォルト」という大きな魔物が潜んでいます。

ハイイードルの基本的な事から高リスクでも稼げるコツまで、初心者でもハイリスク・ハイリターンの荒海を渡り切れる手段についてご紹介!

この記事を読んで、「俺もいけそう」だと感じたら挑戦してみてもいいですね。

ハイイールドとは高リスク高リターンのジャンク債のこと

ハイイードルとは高金利だがデフォルトの可能性も高い投資案件のことをいいます。

ジャンク債」と言えばわかりやすいでしょうか。

具体的な定義としては、株や通貨をの信頼度を格付けする機関(ムーディーズやS&Pなど)がランクをBB以下に設定した場合にハイイールド債と呼ばれます。

ランクBB・・・事業環境、財務状況、または経済状況の悪化に対して大きな不確実性、脆弱性を有しており、状況によっては債務を期日通りに履行する能力が不十分となる可能性がある。

信用格付けがBB以下になった場合、そのままだと誰も購入(投資)されずに売れ残ってしまいます。

その為、購入者(投資家)を増やすために必然的に高金利化しやすいです。

信用格付け会社「S&P」の格付け
格付ランク 安全性 金利 名称
AAA 高い 低い 投資適格
AA
A
BBB
BB 危険 高い ハイイールド
B
CCC
CC
C 絶望的
D
補足:AAA、CC、C、D以外のランクには「+」と「-」があり、「A+」「A」「A-」のといった順順番で安全性が高い。

余談

ハイイードルに投資をすることを「投機」と言います。

ちなみに日本国債の格付けは会社にもよるけどA~A+にあるピヨ。

もっとも、リーマンブラザーズは倒産する前までどこの格付け会社も最高ランクAAAだったことを考えると、完全に値を信用するのは危険だピヨ。

ハイイールドはデメリットを軽減できる!~プロジェクトのポートフォリオ化~

ハイイールドのメリットとデメリットは非常にわかりやすいですね。

メリットは高金利であり、デメリットは元本(投資したお金)が喪失しやすい

さながら競馬で不人気の馬に1万円賭けるようなもの。

その為、昔はあまり人気がありませんでした。

ですが、現在では「ハイイールドはガッツリ稼げるプロジェクト」だということで、一流の投資家がこぞって参戦しています。

なぜハイリスク・ハイリターンの投資を行うのか?
その秘密は「ポートフォリオ化」にありました。

ポートフォリオとは本来「書類をひとまとめにするケース」の事を言うのですが、金融業界の場合、複数の金融商品を分散させて投資を行うことをいいます。

どういうことかというと、ハイイードル案件を1つ1つ投資を行うのではなく、ひとまとめにして販売することで、最終的にデメリットよりメリットの方が上回るようになるのです。

注意

ただ単にハイイールドを組み合わせればいいというわけではなく、利回りやリスク、価格などを総合的に判断してポートフォリオを作成しています。

「デフォルトは起こるもの」と割り切って「被害を最小限に。利益を最大限に」という考えはたちまち広がり、ハイイードルは稼げる投資だという認識が世界中で広がりました。

ポートフォリオ化を考え出したのはアメリカの銀行投資家である「マイケル・ミルケン」氏。

この方法を使用したことで、彼の年収が5億ドル(当時の円換算で1150億円)にも達したピヨ。

ソーシャルレンディングでのハイイールド~クラウドクレジットでの最新事例~

安定性の高いソーシャルレンディングでもハイイールドの案件が募集されることはあります。

海外に対して投資を行っている「欧州3か国個人向けローンファンド」にはリスクとリターンによって3種類のファンドが販売され、そのうちの1つがハイイールドでした。

  • リスク軽減型・・・デフォルトの可能性が最も低いが利回りも低い
  • バランス型・・・デフォルトの可能性と金利の高さが両立している
  • ハイイールド・・・デフォルトの可能性が高いが、同時に金利も非常に高い

この3種類のファンドが複数回に分けて募集されました。

結果だけ言うと、この欧州3か国個人向けローンファンドのハイイールド案件は現在すべてで遅延が発生
デフォルトの可能性が極めて高くなってしまいました

現状、本ファンドではスペインに81.2%、フィンランドに14.7%、エストニアに4.1%の割合で貸付債権を有しております。本ファンドは2015年4月から運用を行ってまいりましたが、2016年12月時点においてファンド組成時の当社想定を上回るペースで延滞債権の発生と延滞期間の長期化が進行してまいりました。

(略)

延滞している債権回収額の最大化を図るとともに、長期間の延滞を継続する債務者に対して法的措置を含めた対応をとっております。このような状況下においては債権の回収に相応の時間を要することや、エストニア子会社が保有する債権に貸倒れの可能性が上昇していることから、保有する債権が将来生み出すキャッシュフローに対する不確定要素が多くなっております。

引用元欧州3か国個人向けローンファンド ハイイールド型(全号共通)2016年12月期(2016年12月1日~12月31日)の運用状況及び分配について

「デフォルトの可能性があるなんて!」と怒る人もいるでしょうが、損をする可能性があるのはハイイールドだけであり、他のものは安定して返済されています。

欧州3か国個人向けローンファンドのスキーム(全体の仕組み)としては、個人に対して返済リスクをAA~HRでランク付け。どの層に貸し出すかによってリスク軽減型・バランス型・ハイイールド型がが決まる、というもの。

また、貸し出す国もスペイン、エストニア、フィンランドという3か国に分散させています。

個人融資型のソーシャルレンディングの場合、貸し倒れの可能性が元々高く、日本では大失敗しています。

それをを考えるとハイイールド以外成功しているというのは十分な成果ですね。

ネット上ではデフォルトの可能性があるということでブーイングが少なからずあるけど、ハイイールド案件だとしっかり明記している以上、責任は自分にあるピヨ。

多分「ハイイールド」を知らなかった人が多かったろうね…。

ではなぜハイイールドだけ失敗したのでしょうか?

その理由はハイイールド型はハイイールドと指定された人だけに貸し付けを行ったからだと推測されます。

引用:欧州3か国個人向けローンファンド9号(ハイイールド型)【小口分散】

上の図は欧州3か国個人向けローンファンドにて、貸付リスク(金利)を評価した図です。

このうち、AA~Cまでが低リスク、C~Fがバランス型、HRだけがハイイールド型として販売されました。

これを見ると、最初からハイイールド型はかなり博打的要素が強くなっていたことがわかりますね。

もし、E~HRまでをハイイールド型にしていたら利益は減ることはあっても元本まで被害が行く可能性はぐっと減っていた可能性があります。

ようは欧州3か国個人向けローンファンドはポートフォリオに失敗してしまったわけですね。

ハイイールドのファンドに投機する場合は、そのポートフォリオが妥当かどうかを十分考える必要があるよ。

けど、ソーシャルレンディングの場合は投資先があやふやな部分があるから、ちょっと怖いよね。

これだけは覚えておけ!ピヨタローのまとめ3本の矢

  1. ハイイールドはハイリスク・ハイリターンな投資である
  2. ハイイールドは複数の組み合わせをセット販売することでリスクを減らせる
  3. 投資に慣れた人が「もっと稼ぎたい」と思ったときに挑戦するもの

ハイイールドとは、別名「ジャンク債」と呼ばれる投資銘柄やファンドの正式名称なんだピヨ。

ハイリスク・ハイリターンな商品なので、昔の投資家は投資をしようとは思わなかったの。

だけど最近では福袋のように複数のファンドをひとまとめで販売(ポートフォリオ化)することで、損をする可能性を極力下げることが可能になったよ。

特に一流の投資家はこのハイイールドでガッツリ稼ぐ傾向があるから、投資に慣れてきたら挑戦してみるといいピヨ

ただ、ソーシャルレンディングでハイイールドを行うのは「投資先がよくわからない」という理由でちょっとリスクが高いからおすすめはしないよ。

どうでもいいけど、ジャンクフードをハイイールドフードと言うとなんだか意識が高い食べ物のように思えるピヨ。

押してくれたらピヨタローが喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ピヨタローのひとこと

木曜日は何かと憂鬱な日だピヨ。

平日だったら連日の疲れでグッタリ。

休日だったら「明日休みなら三連休だったのに…」と考えてしまうピヨ。